新築分譲マンションの資産価値について

新築分譲マンションの資産価値について、価値に関わる要素、マンションの特徴などを交えながら説明いたします。

新築分譲マンションの資産価値について

新築分譲マンションの資産価値について

新築分譲マンションの資産価値について、価値に関わる要素や、マンションの特徴などを交えながら説明いたします。新築分譲マンションは一般的に建設中の状態で売買契約を結ぶケースが多く、実際の物件を確認して購入するケースは売れ残りの物件などに限られています。新築マンションには、購入した瞬間から資産価値が減少し始めるため、マンションの性質によって価値の目減り具合が異なるという特徴があります。マンションの資産価値が減少しにくい条件には様々な要素があり、ひとつは立地条件の良さが挙げられます。駅からの距離が近ければ近いほど利便性が良く、それだけ需要も高くなるため長期的にみても資産価値は維持される傾向にあります。

東京などの都市化が進む地域においては中古マンションの価格は新築マンションと比べて8割程度の下落で留まっている物件が多く、需要が多いためその価格でも売買が成立しているため、資産価値を決定する要素として、立地条件は非常に大きな要素を占めています。その他には構造面での優位性が高い物件の資産価値は維持されやすいという傾向があるため、新築物件の購入時に注目しておくことが大切です。具体的には耐震性が高い物件や、免震構造を採用し、地震時の建物の揺れから長期的に守ってくれるという特徴を持った物件などが資産価値が高いと言えます。

関連キーワード